Esta secção não inclui de momento qualquer conteúdo. Adicione conteúdo a esta secção através da barra lateral.

グラナダで 1 日で見るべきもの

Qué ver en Granada en un día

グラナダは素晴らしく、ユニークで、ボヘミアンで夢のような、コスモポリタンで、都会的で、ロマンチックな街です...グラナダにはすべてが揃っています。アルハンブラはもちろんですが、他にもたくさんあります。

1日しか訪問できない場合はどうなりますか?最初に起こることは、不運があったことですが、他の方法で解決できない場合は、この記事を残して、悲しみを少しでもうまく運ぶためのアイデアを得ることができます.

あなたがしなければならない最初のことは、早起きしてたくさん走ることです。あなたがここにいる一日のために、あなたはそれを利用しなければなりません.

グラナダの友人の家であるホテルで寝ていると仮定します。早起きしてカフェテリアに行き、たとえばグラナダの最も典型的なもの、ピオノノとして知られているものを尋ねます。糖分はありますが、朝を始めるエネルギーがあります。

まず、カフェテリアや職人のペストリー ショップを探して、ピオノノ(典型的なグラナダのお菓子) を買って持ち帰り、1 日を元気に始めましょう。私たちのルートで挫折しないように、シュガーショットに加えて。私たちは準備ができています。

あなたの出発点は、私たちのキロメートル0であり、私たちの一日の出発点であるプエルタレアルです。そこから、すべてにすばやくすばやくアクセスできます。

グラナダ大聖堂

1524 年から 1704 年にかけて建設された、スペインで最初のルネッサンス様式の教会です。ディエゴ デ シロエによって設計されたこの大聖堂には、後陣にトランセプトを備えた 5 つの身廊があります。長老会、見事なドーム、凱旋門の形をしたメイン ポータルは注目に値します。数多くの芸術作品を収蔵しています。カルロス 5 世は、それをスペイン王室の神殿に変えました。

カトリック君主は埋葬されており、それはすでに非常に重要です。

カトリック広場のイサベル

プエルタ レアルまたは大聖堂から、イサベル ラ カトリカ広場まですぐです。その中には、カトリックのイザベルとクリストファー・コロンブスの彫刻を鑑賞できます。

この称号は、1496 年に発行された教皇勅書「si convenit」の中で、教皇アレクサンドル 6 世によって、アラゴンのフェルディナンド 2 世とカスティーリャのイザベラ 1 世に与えられました。スペイン本土。そして 1492 年のアメリカ大陸発見。これはスペインが中世を離れて近代に入ることを意味します。

パセオ デ ロス トリステスに到着するヌエバ広場

イザベル・ラ・カトリカ広場に着くと、ヌエバ広場が見えます。この奇妙で素晴らしい場所で見られる人々の群れです。先に進むと、いわゆるパセオ・デ・ロス・トリステスに入ることができます。ダロ川、アルハンブラの上空を垣間見ることができます。楽しい散歩としてください。地域のすべての物語を発見できるツアーを雇うことができることを忘れないでください。

なぜ「パセオ・デ・ロス・トリステス」と呼ばれるのですか?葬列は墓地に向かう途中で通り過ぎました。今日、悲しみ以外のすべてがあります。

峠の下まで

カバーの時間

Calle Elvira、Paseo de los tristes、Plaza Nueva、Bib-Rambla のエリアでは、タパを楽しむことができます。 グラナダで最高のタパスに関する記事をご覧ください。

アルハンブラ宮殿への訪問

これはほとんど必見ですので、チケットを持っていない場合は、チケットなしで完全に無料で一部を見ることができることを覚えておいてください。記事へ「お金を払わずにアルハンブラ宮殿で見られるもの」 記事を読む

聖ニコラスの展望台

それだけではありませんが、おそらく最も有名でよく知られています。そこからアルハンブラ宮殿を美しく眺めることができます。その夕日を見ることは、あなたにとって最大の喜びの 1 つです。


Tu también puedes ver