Esta secção não inclui de momento qualquer conteúdo. Adicione conteúdo a esta secção através da barra lateral.

グラナダのアルハンブラ宮殿: 世界の建築の宝石

La Alhambra de Granada: Una joya arquitectónica del mundo

グラナダのアルハンブラ宮殿は、世界で最も印象的なモニュメントの 1 つであり、スペインの最も重要な建築遺産の 1 つです。イスラム時代に建てられたこの要塞と宮殿は、何世紀にもわたって賞賛と研究の対象となってきました。この記事では、アルハンブラの歴史と詳細を旅し、その美しさと世界遺産としての価値を発見します。

アルハンブラの歴史: アルハンブラは、キリスト教徒の攻撃から街を守るための要塞として、グラナダのスルタン、ムハンマド ベン アル アマルによって 13 世紀に建設されました。しかし、その後何世紀にもわたって、ナスルダ王朝の豪華な宮殿に変わりました。 15 世紀、グラナダはカトリック両王の手に落ち、アルハンブラ宮殿は王宮となりました。何年にもわたって、さまざまな修正や修復が行われてきましたが、アンダルシア建築の印象的な例として残っています。

アルハンブラの美しさ: アルハンブラはイスラム美術と建築の傑作です。内部には、パティオ、庭園、噴水、碑文やモザイクで飾られた多数の部屋があります。アルハンブラ宮殿の最も印象的な要素の 1 つは、複雑なデザインを形成する小さな木片のセットで構成される装飾技術であるムカルナス天井です。さらに、宮殿の部屋はタイルと漆喰で装飾されており、印象的な視覚体験をもたらします。

世界遺産としての価値: 1984 年、アルハンブラ宮殿はユネスコによって世界遺産に指定されました。この区別は、イスラム建築の一例としての価値と、ヨーロッパ文化に与えた影響によるものです。さらに、アルハンブラは、イベリア半島の異なる文化の共存の証であり、アンダルシアの職人の創造性と芸術的能力の例です。

アルハンブラについての好奇心:

  • 「アルハンブラ」という言葉はアラビア語に由来し、宮殿の壁の色にちなんで「赤」を意味します。
  • アルハンブラは、詩人のフェデリコ ガルシア ロルカや音楽家のパコ デ ルシアなど、多くの芸術家にインスピレーションを与えてきました。
  • ライオンの中庭には、それぞれ表情の異なる 12 体の大理石のライオンが噴水を支えています。

グラナダのアルハンブラ宮殿は、スペインを訪れるなら見逃せない建築の宝石です。その歴史、美しさ、そして世界遺産としての価値により、世界で最も印象的な場所の 1 つとなっています。


Tu también puedes ver